×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヒトの血液型について知りましょう。

ウィキペディアによると、血液はかなり複雑のようです。
成分も赤血球・血小板・白血球・血漿など数百種類あり、その組み合せによって決まる血液型は数兆通り以上という説もあると言われる程、膨大な数になるようです。自分と全く同じ血液型は、世界中を捜してもすら言われるそうです。なので、血液型と性格の相性も一概にどうかと。
医療現場ではABO式で分類して、輸血をする場合、型違いによる血液の凝集や溶血を防いでおります。また、凝集や溶血反応は血液型によってまちまちです。

血液型と性格を語る

人の持つ赤血球の血液型について分類して、ABO式血液型と性格との間に「特定の関連性」が存在するという説が、血液型性格分類です。相性は別途記述します。
血液型によって性格を分類することは統計上で行われております。実際にそのように感じる人も多いですね。しかしながら明確な血液型と性格の関係は科学的根拠上ほとんど存在しません。また、その根拠となる学説の科学性にも昔から数多く否定的な意見があります。マスコミにより血液型と性格の説が長年に渡り報道・配布され続けてきた為に既に一般認識として認知されているようです。したがって、血液型と性格について偏見や差別などさまざまな問題点も発生しているようです。

血液型と相性

わたしの血液型はO型で、連合いはA型です。巷の血液型占いによると、この血液型の相性は良いといわれております。これは、血液型と性格の説に従って、その対比を行うことにより、相性度を出しているようです。血液型相性はコンパネタにはつきません。当たるもハッケ、当たらぬもハッケ。
その気になれば、お酒も美味しく飲めるので、それはそれでいいと思うのは、O型ならではの血液型の性格によるものでしょうか。

Copyright © 2007 血液型と相性